肩こり解消

机に向かう時間が多い日は、なんとなく肩こりを感じる。
多少重いかな、くらいならいいけれど、放置しているうちに段々と上に登ってきて、後頭部に痛みが上がってきた。
って思うともうその日は駄目だ。仕事にもならない。

最近、テレビで覚えた肩こり解消のストレッチが気に入っていて毎日行う様にしている。
右腕を水平に伸ばして、首をそっちにずーっと傾けて。顎を肩に乗せるイメージが良いみたい。
確かに反対側の首の筋肉が伸びていく感じがして気持ちいい。

肩が凝ると首を回したくなるけど、この時のグキグキって音がするのはちょっと怖いなと思う。

肩の筋肉を付けたら肩こりもやわらぐのかな、と思いつつも、首をゆっくりと回して深呼吸している。

食べ過ぎ注意

疲れたときや辛くて苦しいとき、ストレス解消方法で食に走るということがある。

食べることによって、満腹感を味わい、自分自身をも落ちつける。

さて食べた後に気になるものが体重である。
食べるということは食べた分だけお腹や二の腕にも肉がついてしまう、後の事を考えると、恐ろしくなってしまう、そんな経験はありませんか?

もしそんな経験があるのなら、よく食べる事も大切なことだが、その後のことを考えて腹八分目程に押さえ、
適度な運動をし、しっかり睡眠をとるということが非常に大切なことである。

最近おなかが出てきたかな?と思うようであるのなら、なおさら食べ過ぎには注意しよう。
その行動があなたの体型だけでなく健康をも守ることになるのである。

些細な幸せ

街を歩く。日の光が暖かく、風も気持ちいい。コツコツと靴の鳴らす音を聞きながら、見慣れた通りを歩いていく。
ふとお店のガラスに映る私の姿を見ると、なんだかとてもカッコよく決まっている。
思わずニンマリして気分はモデル。ここはファッションショーの舞台、私の出番で観客を魅了する。

背筋をいつもよりピンと伸ばして、遠くに視線を合わせてシャンシャンと歩く。
正面から来るサラリーマンも、楽しそうに手をつないでいる親子連れも、私に憧れている観客だと思い込む。
そんな風にカッコつけてたら、いきなり肩を叩かれて「な~に決めてんのよ!」と友達がいた。
恥ずかしさ半分、思わぬ出会いに嬉しさ半分、とりあえず立ち話もなんだからと近くのカフェへ足を向けた。
それから5時間、一緒におしゃべりを楽しむ、ああ・・なんていつも通りの休日、とっても安らぐこんな日々が幸せだ。

1日30時間

1日30時間もあったら、24時間を8時間ずつ分けているのと同様に、10時間ずつにしていると思う。
10時間寝て、10時間働いて、10時間自由な時間に費やせる。
むしろ10時間ごとにわけなくても自由な時間を増やせばいいのではないか。
日帰り旅行をできる場所が増えたり、海外にだって少ない日数で行くことができて、長い時間滞在できる。
そっちの方が都合がいい。一日10時間以上寝てもバチが当たらないだろう。
自由な時間はたくさん増える。気になる点と言えば、食事が一日三回では足りないということだろうか。
間食ではなく主食が4回あるいは5回に増えてもおかしくないだろう。お腹が空いてしまうはずだ。
規則正しい生活が難しいかもしれないが、案外順応しているかもしれない。

昨日みた夢

人と喧嘩している自分がいた。
けれども、全く知らない人。

きっと道とかですれ違った人なんだろうけれど、私は全く覚えてない。
名前も知らないし顔を自分の知り合いじゃなかった。
正直、知り合いだったら納得もできたんだろうけど、知らない人だとそうもいかない。
朝からうんざりした気分でそんな夢を見た自分にもげんなり。

インターネットで子犬の動画を10分程、見るとだいぶ気分が落ち着いてきた。ついでに猫の動画も10分。
これだけで随分と癒されて今日一日頑張ろうと思えるのだからインターネットというのはすごい。

いや、インターネットではなくて、犬や猫が凄いのか。

今はネットに定期的に動画をアップロードしている飼い主がいてくれて助かる。
うちは金魚がいるから猫は飼えないけど、こうやって猫を見せてもらえるのがとても嬉しい。

肉まんとおでん

今日は肉まん、昨日はおでん。
こうして思い返すとまだまだ寒いなぁと感じる。

去年、冬を感じたのはいつだったか。
10月?11月?暖冬とか温暖化とか、暖かくなる事は地球に良くないみたいに言われているけれど、
肉まんとおでんが美味しくなるこの時期は何となく嬉しくなる。

肉まんには開ける楽しみがある。熱い具が、厚い皮に包まれてグッと堪えている。開けた時に一気に解放されて幸せに到達する。

おでんは、集まる楽しみ。鍋の中で色々な具が集まって、味が集まって、そこに人が集まる楽しみがある。
肉まんがあっておでんがあって、今年の冬も私がいる。
次に食べる時にはちょっと違う種類の物を食べようかな、と考えながら、肉まんをテーブルに置いた。

意識が高い会話

今日は数年ぶりに会う友達たちと、カフェでお茶をした。

前までは、恋愛の話しや面白い話しで女子会を楽しめたのに、今日は少し意識が高い会話をした。
皆、少しずつ前に進んで仕事が変わったり、昇進したりしていて考える事が大人っぽくなったんだなと感じたし、
そんな会話もできるようになって私達も成長したな。でもやっぱり、最後には恋愛の話になったし、
日々の近況報告会になって沢山笑ったしやっぱり私達はこうでなきゃ!今日は本当に楽しい一日を過ごせた!
頻繁に会わなくてもいつも気にかけてくれる友達がいて、落ち込んでる時はいつも元気をくれる。
何気ないけど、有難い事でこの関係は大切にしなきゃいけない。私も沢山恩返しが出来てるといいな。

歴代の桃太郎

最近、桃太郎がブームらしい。携帯電話のCMにでてくるアレが火付け役なのかな?
個人的には,金太郎のほうが好きだけど…。他にも、若いアーティストが桃太郎の話を歌っている歌も耳にする。あれは、面白い歌詞だな。
一般的に知られている桃太郎の話をうまくアレンジしている。

数年前に流行った桃太郎は、某コンピューターゲームのキャラクターかな?スゴロクで、お金持ちになっていくゲーム。
やっぱり、桃太郎は最期にお宝を手に入れなくてはならないんだろう。そんな歴代の桃太郎の中でもお気に入りなのが、「桃太郎侍」。
あのほのぼのとした雰囲気の時代劇がみていて心地よかった。いずれにしろ、桃太郎の時代はくり返されるようだ。
日本人は桃太郎というキャラクターが好きなんだなと思った。

知らない世界

世の中には自分の知らない世界がある。

それだけではなく、自分の世界を他人から見たら、その人にとっても自分のまったく知らない世界になる。

その人にはその人の世界観があり、自分には自分の世界観があると私は思う。

他人の世界観がどういうものなのか?と思う人も多いだろう。しかしその疑問は、その他人も同じように思っていることが多い。

他人のことを知りたくなるのは当然であるが、他人のことを知るには、まず自分のことを相手に知ってもらうことがとても大切になってくる。

まず相手の世界を知るためには自分の世界を相手に分かってもらい、相手と信頼関係を築き、
自分の事、相手のことを分かり合うということが最も重要になってくる。

知りたい知りたいと思わず、まずは自分のことを!

明日は明日の風が吹く

明日は明日の風が吹く、の言葉には続きがあるのを私は知っている。「明日は明日の風が吹く、希望を失くしたら、明日また拾え」。
そう、希望はすぐに失くしがちな物だった。落ちている希望を私達は拾って拾って、今日まで生きてきた。

今の若い人達は希望を失くしているというより、どこに希望があるのかわかっていない雰囲気を持ってる。
普通に暮らせる事は十分幸せなのにね、って金魚に語りかける。

普通だから、普通以上の何かになりたいのかもしれないし、私の知らないずっと上の世界を見ているのかもしれない。

私も、まだ何も終わっていないつもりでいる。もっと新しい出会いがあるかもしれないし、新しい希望の種を拾うかもしれない。
冷たくて新しい風が吹く。